機能・装備

MAZDA3のセレクティブキーシェルが格好いい!

皆さんこんにちは
カタリ-MAZDA3を語りたいだけの人(@MAZDAcarlife )です。

今回は7月に発売となったオプション、
セレクティブキーシェル」を紹介していきたいと思います。

今回YouTube動画と同時公開していますので、そちらもご視聴いただければと思います。

セレクティブキーシェルについて

MAZDA3より第七世代になったことでスマートキーが新しくなりました。

新しくなったキーはオシャレになっただけでなく、外装を剥ぐことが出来ます
ただ剥げるようになっただけでなく、中に補助キーが収納されていたり、電池交換出来たりと機能的になったわけです。

その特性を利用したかは分かりませんが、スマートキーの外装を交換できるようになりました。

それがボディーカラーに塗装されたセレクティブキーシェルなわけです。

現在は4色展開

2019年7月現在、セレクティブキーシェルは4色のカラーバリエーションがあります。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック ¥19,940
  • マシーングレープレミアムメタリック ¥19,940
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ ¥16,200
  • ポリメタルグレーメタリック ¥16,200

の4つです。よく見るとボディーカラーでの有償色+新色の4つですね。

しかしMAZDA3は全8色展開をしています。
今のところ残りの色に関しては販売のアナウンスは特にありません。(噂はあるみたいですが…)
他の色も発売されることを祈りましょう♪

そして私はボディーカラーに合わせてソウルレッドクリスタルメタリックのセレクティブキーシェルを購入いたしました。

キーシェル本体と入っている化粧箱は別部品扱いです。

キーシェル本体(ソウルレッド・マシーングレー) ¥17,280
キーシェル本体(スノーフレークホワイト・ポリメタルグレー) ¥14040
セレクティブキーシェルボックス(全カラー共通) ¥2,160

化粧箱自体は交換したスマートキーの外装を収納しておくのに使用します。

交換してみました

実際に交換してみました。

交換の手順は公開した動画の方を参照していただければと思いまが、ざっくり動画のキャプチャを用いながら説明していきます。

スマートキーの下側の部分にツマミがあるのでそれを引っ張りながら、

ツマミを引っ張りながらカバーをスライドさせます。
すると裏側のカバーが取れます。

カバーを外すと中に補助キーが入っています。
キーシェル交換時だけでなく、車両をこのキーで開錠する際もこのようにして取り外して利用するわけですね。

カバーを外したら左上にツメが見えます。
このツメは反対側のカバーのツメなのでこれをした方向に抑えながら、

反対側のカバーに隙間を作って指を入れて外していきます。

そうすると反対側のカバーも外れます。

こちら側にはボタン電池(CR2032)があります。
電池切れ等で交換する場合はここまで外す必要がありますね

で外した手順で元に戻したら完了です。

こんな感じです。
めちゃ質感高いです。これがクルマのキー?っていう感じ(笑)。

写真を数点

キーシェルの質感がとても高いので撮影のしがいがあります。
今まで3枚掲載しましたが、ハイライトの入り方が違うことに気づきましたか?

あなたはどれがお好みで?

黒背景でのキーシェルも重厚感が出てとても格好いいです。

黒背景に黒い化粧箱で完全に沈んでしまっています。写真の腕もまだまだですね。
しかしこの状態でキーを渡されたらテンション爆上げですね!

外で。キーシェルは表面がてっかてかなので映り込みが凄いです。

もちろんボディーカラーのソウルレッドと同じ色。

まとめ

以上セレクティブキーシェルの紹介でした。

これは格好いいです。買った方がいいです。
ちょっとでも節約したい方はセレクティブキーシェルボックス(化粧箱)なしで注文してはいかがでしょう?
しかし化粧箱あると演出出来て最高ですよ(笑)。

ところでカタログを眺めていて気付いたことがあります。

気分や利用シーンに分けて異なるパネルを使い分けたり、夫婦で色違いのキーを持ったり、カーライフにちょっとした楽しみをプラス。

・・・複数買い前提なんですか!?W