レビュー

MAZDA3にスマホホルダー設置!置き場がない問題解決?

皆さんこんにちは
カタリ-MAZDA3を語りたいだけの人(@MAZDAcarlife )です。

いまや生活の必需品となったスマートフォン。
運転中もカーナビ代わりとして使うなど自動車でも切っても切れないものになりました。

そんなスマートフォン。運転中は車内に置いておきたいのですが、MAZDA3は意外と置き場所がありません。そこで専用のスマートフォンホルダーを購入してみたのでレビューしたいと思います。

動画も公開しています。
合わせてご覧ください。

https://youtu.be/vTBemFxKotY

MAZDA3の車内どこに置く?

MAZDA3の内装は非常にオシャレになりました

コチラ写真はFASTBACK専用のレッドレザーですがオシャレ。

一方で、曲線を用いた内装の作りで平面が少なくホルダーを設置する場所に悩みます。

ホルダーの設置といえばダッシュボートに直接貼り付けるタイプがありますが、直接貼り付けるのは跡が残るし好きではありません。

よってエアコンルーバーを挟んで固定するタイプにしました。

運転席右側に決定!

MAZDA3のエアコンルーバーはちょっと面白い感じで、運転席と助手席側でそれぞれ対象となるデザインで設置されています。

よくあるデザインだと、センターコンソールの上、エアコン操作パネルとカーナビ等の間に設置されるケースが多いかと思います

写真は手持ちにあったCX-9w

この位置だとちょうど中央にあるのでスマホホルダーの設置もやりやすいです。

しかしMAZDA3は助手席側に寄っているのでちょっと遠いです

かといってメーター脇左側のエアコンルーバーに設置しようとしたら、エンジンスタートスイッチに干渉しそう

という訳で私はメーター脇右側に設置することとしました

ちなみに私はAppleCarPlay/AndroidAutoは利用しません。

これらを利用する場合コンソールのUSBに接続する必要があるため運転席右側に設置すると、かえって不便になると思われます

購入したスマホホルダー

ODOMY 車載ワイヤレス充電器 車載QI 車載ホルダー

スマホホルダーですが、Amazonにて購入しました。

商品はコチラです

選んだ基準は

  1. Qi対応充電器である
  2. エアコンルーバーを挟んで固定するタイプである

のふたつです。
以上を満たしたものの中からAmazonの検索一覧から適当に見繕って購入しました。

届いた商品はこんな感じでした

いざ設置!

本体取付け

運転席右側に設置したらこんな感じです。

ホルダー自体給電のためUSB-C接続となります。
ケーブル自体は付属していたのですが、私は別途L字ケーブルを購入し、下に飛び出ないようにしました。
また配線自体もエアコン吹出し口の中を通して極力露出しないようにしています

配線

エアコン吹出し口の中を通した後はこのように中を通しています

電源自体は、コンソールの中を通してシガーソケットの裏から分岐しました。
配線の様子の動画も追って公開します(只今編集中(^^;)

使ってみます

配線も終わったので使ってみます。

コチラのスマホホルダー、スマートフォンを乗せるとアームが自動で閉まって保持してくれます。
またワイヤレス充電Qiに対応しているため、置くだけで充電が開始されます。便利。

実際の動作の様子などは動画の方をご参照ください。

Qi非対応スマートフォンも置いてみた

このスマホホルダー、Qi対応なのでワイヤレス充電できる端末を置くと勝手に充電が始まります。

では、Qi非対応のスマートフォンを置くとどうなるのか?

写真はiPhone6Sですが、実は保持はしっかりしてくれます。

中央の銀色の所に隙間があるので充電ケーブルを差したまま乗せることもできそうです。

ワイヤレス充電の旨味はなくなりますが、ホルダー単体としてみても結構優秀なコヤツです。

ただしiPhone5のような幅の狭い端末だと挟み切れずぐらぐらしてしまいます。

Android端末でも幅があれば問題なく固定してくれます。

まとめ

以上スマホホルダーを設置しましたよ!というお話でした。

スマホホルダー問題はなかなか皆さんの頭を悩ませる問題だと思います。
これは一応私にとっての最適解ということで皆さんにとっては不便かもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。